トイレつまりが起こる予兆とは|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120847296

トイレつまりが起こる予兆とは

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  トイレつまりが起こる予兆とは

どんな前兆が起きるのか

トイレのつまりが起きる前に異変が起きていることに気がつければ、被害を最小限に食い止めることができます。
しかし、これまでつまりを起こしたことがない人は、異変に気がつきにくいです。
気がつかないうちに症状が悪化することも少なくないため、どんな予兆が起きるのかを知り、対処してみてください。
予兆の一つはトイレの流れが悪いことです。
これは排水管の中で何かが引っかかっていたり、滞っている可能性があります。
少し流れが悪くても使っていれば、いずれ解消されるだろうと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、原因のある場所に新しく排泄物やトイレットペーパーが流れ、絡み合って重症化する恐れがあります。
汚水が溢れ出すと、床が汚れたり、浸水したりして張り替えが必要になるなど被害が拡大する可能性があるため、使用をやめてください。
水に溶けるものが原因であれば、時間と共に自然と溶けて解消されているケースがあります。
また、お湯を注ぐのも効果的です。
原因がわからない時は下手に触らずに業者を呼んでください。

便器内の水位が変化しない

水位が下がらないこともつまりの予兆です。
使用後に水を流した時、便器内の水位が高くなり時間を置いても変化しない場合は要注意です。
これは排水管の流れに問題が生じている証拠であり、水位が変化するまで時間がかかるほど重症になっているため、業者を呼んで直してもらう必要があります。
また、溶けないものがトラブルの元になっていることがわかっていれば、いくら時間を置いても解決しません。
物理的に取り除かなければ解消されないため、業者に依頼をして取り除いてもらってください。
タンクから流れてくる水が弱々しい場合もトラブルが起きる前兆です。
タンク内の水量が少ない、もしくは便器に続く水道管に不具合が起きていることが考えられます。
なぜ不具合が起きているのかを突き止めて解決しなければならないため、特定できない場合はプロにお願いすると安心です。
他にも普段気聞き慣れない異音や異臭にも気をつけてください。
少しでも異変を感じたら対処を後回しにせず、すぐに修理しましょう。