トイレつまりが起きたら確認すること|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120847296

トイレつまりが起きたら確認すること

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  トイレつまりが起きたら確認すること

はじめに行うこと


トイレつまりが起きた時、慌ててしまう人が多いでしょう。
対処しなければいけないとわかりながらも、どうしていいのかわからず、立ち往生してしまう人も少なくありません。
中には、水を流してつまりの原因を押し流そうとする人もいますが、間違った対処法をすると悪化する恐れがあるため、正しい直し方を知っておく必要があります。
一般的には、トイレのつまりが起きた時はまず、状態を確認することが大切です。
どのような症状がどれくらい起きているのか、何が原因かなどを確認しなければ適切な修理方法がわからないからです。
確認のポイントは2つあります。
一つは原因、もう一つは便器内の水位です。
便器内を覗いて原因を見てみましょう。
奥へ進んでいると見ることができませんが、その時は道具を排水口に入れて探るようなことはしてはいけません。
しばらく放置をして水位の変化を見ます。
水位が時間と共に下がっていくようであれば水に溶けるもの、いつまで経っても変化が見られない場合は水に溶けないものである可能性が高いため、業者に修理をお願いしてください。

自分で直すかプロにお願いするかの判断をする時は


自分で直せるのは軽度だった時だけです。
軽度というのはトイレットペーパーや流せるお掃除シート、排泄物が詰まっていたり、水の勢いが弱まっているのが原因の場合です。
ウォシュレットのプラグを抜いて塗れないように保護し、止水栓を閉めてから作業をしていきます。
放置していれば自然と水に溶けて解消されることも少なくありませんが、早く直したい場合はスッポンやお湯を使うと効果的です。
重度の場合は、溶けないものを流してしまい、取れそうにない時や、便器内の水位が全く引いていかない時が挙げられます。
このような場合は素人では直すことが難しいため、業者を呼んでください。
また、原因が特定できない場合も下手に触ると悪化する恐れがあるため、プロに依頼した方が安心です。
特に、マンションやアパートなどの集合住宅は隣のお部屋や下の階に迷惑をかける恐れがあるため、自分で直せるか不安な時は業者に依頼するのが賢明だと言えます。