溢れ出すトイレつまりの対処法とは|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120847296

溢れ出すトイレつまりの対処法とは

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  溢れ出すトイレつまりの対処法とは

はじめに行うこと


トイレつまりが原因で便器から水が溢れ出すことがあります。
単純に流れにくいだけであれば、スッポンを使ったりお湯を注いで原因を溶かしたりするなどの対処法を実施できますが、汚水が便器から溢れ出すと慌ててしまい、適切な対処法がわからなくなってしまうでしょう。
しかし、トイレつまりは落ち着いて対応することが大切であるため、焦らず適切な対処法を行ってください。
はじめに行うことは、自動洗浄タイプであればセンサーに感知されないようにコンセントを抜くことです。
溢れ出している状況でセンサーが反応すると、勝手に水が流れて被害が拡大します。
そのため、センサーに気をつけながら水が流れないようにコンセントを抜く必要があるのです。
抜いたコンセントは濡れないようにビニール袋などで保護しておきましょう。
手動洗浄タイプの場合もレバーやボタンに触れないようにしてください。
完全に水の流れを止めるために、止水栓を閉めるのも一つの方法です。
止水栓がわからなければ元栓を閉めてください。
自宅内の水回りがストップしますが、被害を拡大させないために必要なことです。

自分でチャレンジするときは


便器から汚水などが溢れ出す状態はすでに重症化している証拠であるため自分で直すことは難しいですが、チャレンジしてみたいという場合はゴム手袋やバケツ、雑巾、スッポンなどを用意して軽度の時と同じ流れで作業してみてください。
汚物やペーパー類など手で取り除けるものは手やバケツですくい取り、ある程度水位を減らしてからスッポンを使うと効果的です。
ゴムの部分が水に浸っていなければ効果がないため、調整してください。
また、一度水位を減らし、お湯を注いで溶けやすくさせてからスッポンで押し流すのも効果があります。
しかし、この方法は水に溶けるものが原因の時にしか意味がありません。
水に溶けない固形物を流してしまった場合は、素人では対応することが難しいため業者を呼んでください。
また、余計にトイレつまりがひどくなってしまう可能性も考えられるため、元栓を閉めた状態で業者の到着を待っていた方が安心です。