トイレつまりが起こるトイレの構造とは|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120847296

トイレつまりが起こるトイレの構造とは

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  トイレつまりが起こるトイレの構造とは

知っておきたい構造について


トイレつまりが起きる原因の一つは構造です。
トイレに流してはいけないものを流してしまうなど、誤った使い方もつまりの原因になりますが、使い方に気をつけていても構造が問題で詰まってしまうことがあります。
便器は外側から見るとシンプルな形状をしていますが、排水口の奥は複雑です。
目に見える部分ではないため、どのような構造をしているのかわからない人が多いでしょう。
便器の中を覗くと水溜りがあり、排水口の入り口が見えるはずです。
水を流すと排水口から排泄物やトイレットペーパーが排水路を辿って流れていきますが、排水路は登り坂になっています。
そのため、水の勢いが弱い場合や流したものの重量やサイズが大きいと、坂を上り切れずに詰まってしまうという仕組みです。
坂を上り切れたら下に落ちて浅い水溜りにたどり着き、そのままスムーズに進むことができれば下水へと流れていきます。
しかし、浅い水溜り部分も引っかかりやすいため注意が必要です。
手の届かない部分でつまりが起きると、便器を取り外して修理しなければならなくなり、修理費も高額になる傾向にあります。
着脱だけでなく高圧洗浄機を使うことになると、さらに金額が高くなるため要注意です。

使い方にも気をつけよう


便器の構造は曲がりくねっているため、スムーズに下水まで流れるように排水時の水量、勢いがポイントになります。
普段より弱いと感じたらタンクを疑いましょう。
タンク内には様々なパーツが取り付けられており、一つでも不具合が起きると勢いが無くなり、水量不足が起きてしまいます。
中身を確認して、劣化している部品がないか、正しい場所に取り付けられているかを調べてください。
劣化しているものや、破損しているものは新しく交換すると改善されます。
また、排水時に節約するために、大便をしても「小」を使っている人もいるでしょう。
便器は適切な水量が流れるように設計されているため、大便の時は「大」、小便の時は「小」と正しく使い分けなければトラブルが起きる可能性があるのです。
節水は大切なことですが、間違った方法で行うとトイレつまりの原因になります。
素人では解決ができないトラブルが起きた時は業者に修理をお願いしましょう。