トイレつまりの修理にかかる費用とは|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120-686-723

トイレつまりの修理にかかる費用とは

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  トイレつまりの修理にかかる費用とは

どれくらいお金がかかる?


出来るだけ無駄な出費をしたくないものですが、トイレつまりを業者にお願いするとお金がかかります。
予想外の出費が発生すると家計を圧迫しますが、あらかじめどれくらいの費用がかかるのか知っておくと、万が一のときに備えて貯蓄しておくことが可能です。
一般的には、症状によって費用が変動します。
軽度であれば4,000円から8,000円で済むことが多いです。
水に溶けるものが原因で、スッポンなどの道具を使うと比較的簡単に直るケースが軽度と言えますが、排水管などパイプ関連で異物が引っかかると8,000円から15,000円ほどに金額が上がります。
なぜなら、手が届かない場所だからです。
さらに、高圧洗浄などの専門機材を使用すると15,000円以上かかり、便器の取り外しや交換などが必要な場合は10万円ほどかかるケースがあります。
高額な出費となるため注意が必要です。

軽度のうちに依頼しよう


トイレつまりには、お湯が効果的と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
お湯を注ぐだけで解消できれば、修理費もかかりません。
しかし、水に溶けるペーパー類、お掃除グッズ、排泄物にしか効果がないため気をつけてください。
また、熱湯の方が効果は高まるイメージがありますが、60度を超えるお湯を注ぐと、便器本体がひび割れする場合や配管を傷める原因となります。
便器を交換するとなると、それだけで3万〜5万ほどかかるため、必ず40度以上60度以下に調整することが大切です。
項目ごとに修理費が決められており、さらに基本料金として2,000円から4,000円ほどかかり、業者の営業所と自宅が離れていれば出張費がかかります。
早朝、深夜の依頼では営業時間外として、金額がアップすることも多いため、日中に依頼しましょう。
このように、トイレつまりの修理を業者に依頼すると費用がかかりますが、出来るだけコストを抑えるためには軽度のうちに対処することがポイントです。
異常を見逃すことなく、日頃から使い方に注意してください。
特に、水に溶けないものが原因の時は、下水に押し流してはいけないため取り除く作業をします。
自分の手では届かない場所まで流れていくと、作業の難易度も上がるためすぐに業者に連絡をしましょう。