繰り返すトイレつまりのわけ|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120-686-723

繰り返すトイレつまりのわけ

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  繰り返すトイレつまりのわけ

なぜ繰り返し起きる?


トイレつまりが起きるたびに修理をしているのに、繰り返すことがあります。
繰り返す原因を知っておかなければ、いつまで経っても修理し続けなければなりません。
業者に依頼すると、作業する手間、労力、時間を省くことができますが、何度もお願いするとお金がかかります。
そうならないためにも、繰り返す原因をしっかりと特定し、根本的な問題を解決することが大切です。
考えられる原因の一つは、排水の量が少ない、勢いが弱いことが挙げられます。
水量が少なかったり、勢いがないと排泄物やトイレットペーパーが下水まで流れていかず、排水管などで止まってしまいます。
排水口の入り口を覗いてみた時に、しっかりと流れているように見えても、奥の方で滞っているかもしれません。
流れ切っていない状態で使用し続けると、重度のつまりを招く恐れがあるため、少しでも異変を感じたら使用をやめて業者に修理をお願いしてください。
無理に直そうとすると悪化することもあるため、要注意です。

古いパイプ、古い便器は注意しよう


築年数が20年以上経っていることもトイレつまりを繰り返しやすいです。
便器そのものは新しく取り替えても、お家の配管が劣化して変形していたり、陥没して構造が変わっていたりすることもあります。
配管に異常が発生すると流れにくくなるため、お家を建ててから一度もパイプ関連のリフォームをしていない人は一度点検しなければなりません。
便器が古くなっている場合も注意しましょう。
長年かけて蓄積された尿石は日頃のお掃除だけでは除去しきれません。
尿石とペーパー類や便が引っかかると、本来スムーズに流れていくはずの水が流れなくなり、最悪の場合は便器から汚水が逆流してきます。
これまで放置してきた尿石は、専用の薬剤を使用しても解決しないケースが多いため、プロにお願いして業者しか使えない強力な薬品で対処してもらう必要があります。
新しい便器に変えた方がいいのかどうかも業者に相談して決めるのも一つの方法です。
他にも、水に溶けない固形物が詰まっていたり、元々水圧が低い場所でタンクレスタイプを使っているなど様々な原因が考えられます。
素人では特定できないこともあるため、一度プロに調査をお願いしてみてはいかがでしょうか。