原因不明のトイレつまりの対処法とは|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120847296

原因不明のトイレつまりの対処法とは

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  原因不明のトイレつまりの対処法とは

なぜ詰まったのかわからない時は

なぜ詰まったのかわからない時は


原因不明のトイレつまりに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
なぜトラブルが起きているのかがわかれば適切な対処法がわかりますが、原因不明だと手がつけられないでしょう。
はじめに行うことは、つまりが起きている場所を確認することです。
どこで問題が発生しているのかチェックしてみてください。
基本的には、排水管や便器の中にトラブルが起きます。
ある程度、どこで問題が起きているのかがわかれば、除去作業をしていきますが、便器の中であれば空気圧で押し流す方法、排水管の場合はワイヤーを使うと効果的です。
ホームセンターでも道具が販売されています。
万が一の時に備えて、空気圧で押し流せるスッポンのような道具や、排水管まで届くワイヤー式パイプクリーナーを購入しておくことをお勧めします。

自分で直せない場合はプロに依頼しよう

自分で直せない場合はプロに依頼しよう


スッポンを使ってトイレつまりを対処する際は、ある程度の水位が必要になります。
水量が多いと作業中に溢れ出してきますが、足りないと効果がありません。
最低でもカップが浸る程度に調整をしてください。
また、押し込むのではなく引っ張って押し流すのがポイントです。
カップ内が真空になるようにしっかりと密着させて、角度を変えずにゆっくり押し込んで一気に引っ張り上げましょう。
ワイヤー式パイプクリーナーを使うときは、道路に近い点検枡からワイヤーを入れて、回転させたり前後させたりして、つまりを除去していきます。
このように、原因不明であっても自分で対処することは不可能ではありません。
しかし、やり方を間違えると重症化する恐れがあるため、何がどこに詰まっているのかがわからなければ業者に修理をお願いしましょう。
特に、点検枡からワイヤーを入れて作業するのは簡単ではありません。
場所がわからないこともあるでしょう。
闇雲に修理をしても効果がないどころか、悪化してトイレから汚水が溢れ出してくる恐れがあります。
そうなると床が汚れたり、浸水して被害が拡大し、建物の修繕が必要になる危険性があるのです。
支出を抑えるためにも、早い段階で業者に修理をお願いしてみてはいかがでしょうか。