トイレつまりの原因となる可能性があることとは|町の水道屋さん

町の水道屋さん

  • 見積無料 緊急無料 出張無料 点検無料 深夜対応可
  • 24時間365日対応 0120-686-723

トイレつまりの原因となる可能性があることとは

TOP  >  水まわりのトラブルに困ったときには  >  トイレつまりの原因となる可能性があることとは

リスクを軽減するには

リスクを軽減するには


トイレが一度つまりを起こすと、直すのが大変です。
気がついた時には、自分では直せないほどトイレつまりが悪化してしまい、業者に依頼して高額な修理費を支払うことになったという人も少なくありません。
どの家庭でもトイレトラブルが起きる可能性はありますが、少しでもリスクを軽減するために日頃から気をつけることが大切です。
また、つまりが起きる可能性があるものについても知っておきましょう。
それを知っていれば、普段から流さないように気をつけることができるはずです。
一つは、溶けない紙製品です。
トイレットペーパーや流せるシートは便器で処分しても問題ありませんが、他の紙製品は流せません。
例えば、ティッシュやウェットティッシュです。
同じペーパー類に感じますが、これらは溶けないように作られており、間違って流すと排水管などで大きな塊となって引っかかります。
トイレットペーパーがないときに代用してしまう人もいますが、トイレつまりを引きおこす原因になるのです。

水を含むと膨張して固まるもの

水を含むと膨張して固まるもの


おむつや生理用品も、トイレつまりを招く可能性があるものです。
ティッシュなどとは異なり、おむつや生理用品は水を含むと膨張します。
子供がいたずらで便器に流す場合がありますが、手の届かない場所で引っかかると、どんどん水を吸収して膨張し、全く水が流れなくなるのです。
無理に押し流そうと排水を繰り返すと、便器から汚水が逆流して被害が拡大する恐れがあるため、異変に気がついたらすぐに業者を呼んでください。
排水口の入り口に引っかかっている場合は、手を突っ込んで引っ張り出しましょう。
間違ってもスッポンなどで押し流してはいけません。
猫砂もトラブルを招くことがあります。
便器に流せると商品に説明書されていることもありますが、水を含むと粘土のように固まるようにできており、それを流すと便器の奥で大きな粘土のように固まって水が流れる通路を塞いでしまう恐れがあります。
塩を入れると塊がほぐれていくこともありますが、パイプを劣化させる原因となるため出来るだけ猫砂は他の方法で処分しましょう。
自分で解決できないトイレつまりは、業者に依頼すると安心です。